ほうれい線を効率よく目立たなくする

若い頃は、気にもとめなかった『ほうれい線』ですが・・・

これが現れると老けて見られがちになる上に、夕方になると化粧がそこにたまって逆に目立ってしまいます。

原因は紫外線や生活習慣、筋肉の衰えなどからくる『たるみ』とも『乾燥』とも言われており、その解消法は数多くあげられます。

RENGEのレッスンタイムでは毎回、顔の経絡やリンパのマッサージで小顔対策なども行っているわけですが、『顔』だけを集中的にケアするよりも、もっと効果的な方法があるのをご存知ですか?

それは顔の経絡やリンパのマッサージと同時に『僧帽筋』と『太もも』の筋肉にアプローチすることです。レッスンでも、この辺りは毎回アプローチしてますが

【僧帽筋の場所はこちら(僧帽筋のアプローチ方法は後日お伝えします)】

今回は簡単にできる『太もも』へのアプローチ法を一つ!

ワンポイントアドバイス)

・おしりは床から浮いた状態で行います!

・余裕のある方は向かって左の足(曲げてる方の足)はカカトを床につけましょう

・両手を床に置く場合は足と足の間に置きましょう!余裕のある方は、図の様に両手はヒザの上で行います!

ぜひ生活の一部にヨガを取り入れてみてくださいね。

Follow me!