ヨガで期待できる効果

ダイエット

ダイエットが目的でヨガを始めるという方も多いようです。ヨガ独特の身体をねじったりするポーズは、筋肉を活性化させて脂肪を燃焼させる効果が期待できます。部分的に痩せるために一部のポーズを重点的に行うことも可能です。しかしヨガで痩せるというのはポーズの形によって痩せるというだけでなく、基礎代謝を上げて痩せることなのです。

基礎代謝を上げることができれば、今までと全く同じ生活を続けたとしても、以前より太りにくく痩せやすい身体を作り上げることができるのです。

私のヨガでは一つの完成ポーズを行うにあたって、前半のストレッチヨガで腕やウエストなどをねじる簡単なポーズを行い体を柔軟にしていきますので、少しずつではありますが確実に痩せていきます。ご自宅でTVを見ながら出来るポーズも多いですし、空いた時間に自宅で簡単に始められますので、誰もができるダイエット法と言えるでしょう。

 

冷え性

特に女性の方の中には冷え症に悩まされているという方も多いのではないでしょうか?冷え症になる原因は様々ですが、ストレスが原因となり身体の血行が悪くなって起こることが多いと言われています。ヨガには様々な効果がありますが、冷え症の解消もヨガの効果に挙げられます。

日常生活を送る上で、ストレスを全くなくすというのは難しいかもしれません。ストレスが溜まると交感神経と呼ばれる部分が活発に働くことになり、身体が緊張状態になります。身体の緊張状態が高まると手足の毛細血管が収縮してしまい、その結果冷え症となるのです。

基本的なヨガはゆっくりとした動きを繰り返すのですが、普段は使わないような筋肉を使うポーズも多数ありますので、その部分が温まり血流が良くなります。

ヨガを行う際には、基本的に腹式呼吸という呼吸法を利用します。腹式呼吸は息を吐くときにお腹をへこませ、反対に息を吸った際にお腹が膨らむ呼吸法になります。特に息を吐く際には腹筋の筋肉の緊張が緩むことになります、腹式呼吸を続けていけば緊張状態が弱まり、その結果血行が良くなって冷え症が改善されます。

RENGEのレッスンでは必ず、呼吸法も取り入れてます。

修正

ヨガの様々なポーズを繰り返すことによって、上手に骨盤を矯正することができます。元々ヨガには骨の配列を元の位置に戻すという効果がありますので、ポーズを続けていくことによって歪んでいた骨盤が徐々に戻っていきます。

人間が生まれたばかりの時点では、基本的に身体の歪みがないはずです。しかし長年の生活スタイルやちょっとした癖の積み重ねによって、骨格が徐々にずれてきています。立ち方、座り方、歩き方からカバンのかけ方や寝方まで、生活の1つ1つの癖が骨盤の大きなずれとなって表れます。

姿勢が悪いと見た目の印象が悪いですし、血流が滞ってしまうため肩こりや腰痛、頭痛、不眠症などを引き起こすことがあります。症状が軽いうちは気にならないかもしれませんが、癖を治さない限りは5年後、10年後と時が経つにつれて症状が確実に悪化していきます。 ポーズを取って制止するというヨガは、骨や筋肉を正しい位置に整えて調整していく効果があります。

また、私のヨガでは自分自身で歪みを把握し、改善する方法を取り入れていきますので健康への近道とも言えるでしょう。

自律神経

ヨガは自律神経失調症にとても効果があることが分かっています。ヨガと言っても難しいポーズをするのがヨガではありません。軽くストレッチヨガをしながら、呼吸をする事が大切なのです。

筋や筋肉を伸ばした状態で深く呼吸すると、体の隅々にまで酸素がいきわたります。そうすると心身共にリラックス効果を得る事が出来ます。

自律神経失調症にはリラックスする事が重要なのです。リラックスする時、自律神経の副交感神経が働いています。副交感神経は体と心をリラックスさせ、修復するのに欠かせない自律神経なのです。